post

姶良市の山間部。北山地区。そのさらに山深く入った「堂山小学校跡地」。
10月30日に「火の神祭」が開かれました。
過疎化が止まらない同地区では、50代の自治会長が孤軍奮闘して地域づくりに奔走しています。
去年までは、運動会を開催していたのですが人が集まらず、
地域の人たちも年を取って競技に参加できる人も限られてきたそうです。
そこで、今年からは「火の神祭」の趣向を変えて芸能大会に。
その趣旨に賛同して参加したのが「蒲生の太鼓坊主」の方たちです。
img_4007

img_4005

太鼓坊主は、いまや世界中で活躍する太鼓集団。
しかし、そんなことは露とも見せず地元の困窮に一肌脱いだこの心意気は、
とても素晴らしいものがあります。
演奏に、北山はとても盛り上がりました。やんやの大拍手!
私も、ステージではなく、客の間を練り歩く太鼓坊主の演奏を初めて見ました。
とても良かったです。
img_4002
また、同じ悩みを持つ過疎の自治会から、熱心に視察に来ている人たちも見かけました。
一つの地域が動くとそれが波動となって伝播していく・・。
とてもいい刺激になっていきます。大きな広がりになるのを期待したいと思います。

oa%e5%89%8d%ef%bc%93

SNSの更新もしております!皆様からのいいね、フォローをお待ちしています!